面接のマナーについて把握しておこう

TOPICS

面接で前職の退職理由を伝える場合

面接のマナーについて把握しておこう 面接では前職の退職の理由を聞かれる事があります。前職の退職理由を聞かれた場合は、辞めた本当の理由を話す事も良いですが、なるべく今現在面接を受けている会社の事を良く言いながら発言をしていくようにしましょう。ただ単純に退職の理由を言ってしまったのではなんの収穫も無くなってしまいます。様々な業績を残している会社に転職をしたいと考えてなどと付け加えると、面接官の方も悪い気分にはなりませんし、企業の研究をしっかりと行ってきたと言うアピールもする事ができます。あまりにも大きくアピールをする事によって少ししつこいと思われてしまう事もあるので、ほどほどにするように文章を考えるようにしましょう。

前職の退職理由は人間関係であると面接で伝えてしまう事によって、職場の雰囲気を壊されてしまうのではないかと思われてしまう場合もあるのに、人間関係である場合は別の退職理由を探して伝えるようにしましょう。相手に正しく、自分の印象を下げないように退職理由を伝える事は難しい事ですが、しっかりと考えて準備をする事によって採用の近づく事ができるので、直前まで悩んで伝える内容を考えるようにしましょう。ここで採用が大きく変わる事を覚えておきましょう。