面接のマナーについて把握しておこう

TOPICS

面接では言葉遣いや喋り方に注意

面接のマナーについて把握しておこう 面接を行う際には、やはり基本的なマナーを守ることはと重要になってきます。洋服やハキハキとした受け答えや挨拶など、面接でチェックされる部分はとても多いのがあります。ですが、よく面接で失敗してしまう事として実はしゃべり方や言葉づかいがあります。なぜなら面接は面接官と話をする際に、徐々に自分の癖というしゃべり方が出てきてしまうからです。面接は最低でも20分はかかることが殆どです。長い時には40分も面接で話しをすることはとても多くなります。そんな長い時間に話をしていくうちに、徐々に普段の自分の話し方というものが出てきてしまうことがあります。

友達と話すようにとてもフレンドリーな話し方で話してしまうと、はたから見れば盛り上がって話しができていると見られがちですが、面接官からしたら友達同士の会話じゃないのだかと印象は悪くなります。また敬語などもぎこちないと、普段から使いならえていないのだと見破られてしまう事も多いです。語尾を伸ばす言葉などは、社会人においては良い印象のない話し方になります。仕事の内容によっては接客業などは、話し方は会社のイメージにもつながるため、厳しくチェックが入る場合も多いです。面接の内容も重要ですが、話し方1つ1つに注意して言葉使いなどを選ぶようにすることが大切です。