面接のマナーについて把握しておこう

TOPICS

面接のマナーについて把握しておこう

面接のマナーについて把握しておこう 面接対策として志望動機や自己PRなどを考える事は非常に大切な事ですが、それ以上に大切な事は基本的なマナーです。採用担当者が第一印象を決めるのは態度や仕草、話し方などが多く、その第一印象を損なってしまった場合はマイナス評価となってしまう事もあります。

予め面接時に気を付けておくべきマナーを把握させておきましょう。まずは、当日は絶対に遅刻は避けましょう。交通機関の影響で遅れてしまう場合は事前に連絡を入れておきましょう。訪問時間の15分前には到着しておき、受付ではハッキリと名前と用件を伝えましょう。

控え室でのマナーも重要です。動き回ったり、携帯電話をいじっていたり、談笑していると印象が悪くなるので、落ち着いて静かに待っていましょう。入室時は必ずノックを忘れずに、担当者の反応があってから入室するようにしましょう。質問には相手の目を見て、ハキハキと答えていきましょう。この時は、無理して演じてしまうと返って嘘くさい印象を与えてしまう危険性があるので、普段の自分が出せるように本番に向けて練習しておきましょう。面接が終了して、退室した瞬間に気を抜く方も多いですが、会社を出るまでは気を引き締めておきましょう。すぐに煙草を吸ったり、疲れたような態度を見せるのは控えましょう。